土地を売却された高浜様

以前ご両親が住まわれていた土地の売却を福岡の不動産売却専門店(不動産福岡)にお任せ頂いた高浜様に、売却を決意されるまでの流れやエピソード、売却されるまでのご不安、売却を成功させるためのアドバイスなどお聞きしました。

ご所有の不動産を売却した理由は何ですか?

奥さま:50~60年前に両親が住んでいた家が博多区吉塚にあって数年前まで借家にしていました。借家契約が切れて退去した後もそのまま放っておいたのですが、いよいよ売却をしなければと思い実行しました。

不動産福岡に決めてくださった理由をお聞かせください。

  • 奥さま:両親が住んでいて隣人が知り合いだったこともあり、購入してくれないかと直接相談を持ちかけてみようと考えました。話しが上手く進み個人間で売買が成立するとしても、仲介業者を入れた方が間違いや揉め事なく進められるだろうと思いました。また売主買主が決まっている場合は、仲介料も正規の上限額から差し引けるよう交渉ができるだろうと考え、売却する経費を軽減することもできたら一石二鳥だと思いました。そこで、どの業者さんに頼むか考えた所、大手の会社であれば私の考えや取引中の細かい要望などに融通が利かないだろうと思い、中小企業で柔軟性を持っている会社にしようと考えました。すると、すぐに2年前に旧自宅の処分をした時にお世話になった御社が頭に浮かびました。過去に取引を行なったので、お互いの素性や考え方も分かっているし、相談しやすかったこともあり、ご連絡させて頂きました。ご相談した所、2年前の担当だった山野さんがいらっしゃって、最初は私の連絡にとても驚かれていましたが、前と変わらず丁寧な優しい対応をして頂きました。その後、上司に相談して頂いた所、私共の提案を快く受けて頂きました。提案を受けて頂いたことは元より嬉しかったのですが、この会社だったら私の考えに同感して頂けるだろうという私の読み(期待)が当たり、それ以上にとても嬉しく思いました。実際は、隣地との商談はまとまらずに一般的な取引で成約したのですが、山野さんは私共の提案を快く受け止めていただける、その柔軟性がとても好印象で、この2年間で良い所は伸ばしながらも成長しているのだなと思いました。

今回の取引の重要なポイントは何でしたか?

  • 奥さま:関係者(売主、買主、隣地関係者)との約束事項には、必ず書面にて署名・捺印をもらって実行することでした。取引を進める上で隣地の境界上にあるブロック(境界線がブロックの中心だった)を撤去することに問題が生じました。古家があったので引渡しまでに売主が解体を完了するよう定めており、当初は家屋のみを解体し、隣地境界物については現況有姿で取引を進める予定だったのですが、隣地境界線上にあるブロックの共有者から「経年劣化でブロックがグラつき、傾いているため折半して解体できないか?」と売看板を見て山野さん宛に相談の電話がありました。問題は、ブロックの撤去費用と新しく設置するブロックについてどのように進めるかが重要でした。既存ブロック撤去の費用は、家屋の解体費用に含めて撤去をしてくれるよう調整して頂き、撤去後の新設ブロックについては、買主が既存ブロック壁が古くて危険があるなら家の新築工事と合わせて新設することを賛成したため、既存ブロックの解体を実行するように決まりました。引渡し日まで残す所10日間となり関係者全員が納得したため、担当の山野さんは引渡し日までに完了させるよう業務効率を上げて作業に着手しようとしていた所でしたが、少し引っ掛かることがあったため(少し大げさかと思いましたが)、既存ブロックの解体作業について関係者全員から書面にして署名・捺印をもらってから実行するようお願いしました。それから山野さんに書面を準備して頂いて(相談して1日で対応していただいた柔軟性に好感を持ちました。)、隣地者に工事内容の説明の上、上記の内容を書面にして署名・捺印を請求した所、隣地者は「この文面では署名・捺印はできない」「そもそも私は解体してほしいとは言っていない」など、当初話していたことから180度変わったことを言い始めました。買主へ解体すると伝えた手前、何とか調整できるよう山野さんにお願いして隣地者が望むような文面へ作り直したり、買主への了解をもらうなど山野さんには各関係者の所を何往復もさせてしまい、予定していないことをお願いして申し訳ない気持ちで一杯でした。最終的にはこの取引自体が白紙になることまで覚悟しましたが、無事に話しがまとまり、既存ブロックを解体することになり取引を完了することができました。私は不動産取引や契約書を作成することが多い仕事に従事しているため、普通の人が気付かないことに引っ掛かっただけで、そこまで必要か?と思うこと部分もあったかと思います。しかし人の気持ちは思いがけないことですぐに変わるため、何事も万全の準備が必要だと改めて感じました。

2年前と比べて変化を感じましたか?

奥さま:担当の山野さんがとても成長したように思いました。以前は上司に相談して確認することが多い印象がありましたが、今回の取引は自分で解決方法を考え実行に移すことが大半で、上司の方が出てくることがなかったですね。この2年で多くの取引を経験されて実績を積み、蓄えた能力が発揮されたのだと思います。山野さんの早い対応や柔軟性にとても助かりました。

当社の特徴を3つ挙げてください。

良い点:柔軟性、正直者な所、フットワークの軽さ

悪い点:書類の内容に不安点があるので80点

上記のことからもう少し詰めて進めるとより安心して任せることができる。

不動産福岡のスタッフの対応はいかがでしたか?

奥さま:人のよさがとても伝わり業務にも責任を持って進めてくれる。所々、もう少し上手く言えばいいのにな(言い方を悪くすると二枚舌を使えばいいのにな)と思う場面もありましたが、物事をストレートにぶつける所が山野さんのいい所であり持ち味だと思います。そのままのスタンスで続けてほしいです。今後の更なる成長のために強いて申し上げるとすると、もう少し最後の詰めをきっちりと固めたほうがいいと思います。また個人的な意見ですが、接客時は作業着よりもスーツを着用するほうがいいと思います。私は山野さんの人と成りを分かっているからいいですが、初めて会う人から見たら印象が悪くなる可能性もあります。初対面は第一印象が大切であり、山野さんのいい部分が曇ってしまうこともあると思いますので、契約時、決済時はもちろんのことスーツ着用をおすすめします。社長にスーツを買ってもらって下さい(笑)

これから不動産を売却する方へアドバイスをお願いします。

  • 奥さま:売却の経験がない方はもちろんですが、不動産は高額であり大事な資産を取り扱うため、大手企業に任せるほうが安心と思いがちですが、大手企業がいいとも限りません。断言します。完成した製品を購入するならばどこで買おうと一緒だと思いますが、こういう取引は形がないものなので「人」で判断すべきだと思います。当然ながら大手企業でも有能な人もいれば無能な人もいます。中小企業にも同じことが言えますが、柔軟性に着目して考えると一変通りの型にはまった大手企業の方が劣ると思います。私は福岡の不動産売却専門店を通して、柔軟性が高く対応も早くてとても満足しました。というより担当者の山野さんに満足したということですね(笑)また会社の信用度にいまいち自信を持てない場合は、媒介契約期間は3カ月以内と国土交通省で定められているため、販売途中で上手くいかないと判断したら更新せず解除することができます(途中解除も可能です)。媒介業者(仲介業者)は、媒介契約が切れるまでに何とか売りさばこうと取り組むため、売り切る姿勢や販売状況の報告などで安心して任せられる業者かどうかの良し悪しを判断できます。私は今回の取引で柔軟性と対応のスピードを持ち合わせた企業が大変親切で満足しました。後は任せっきりにせず自分自身もしっかりと協力して進めることが重要だと思います。