売却のコツ

仲介と買取の違い

はじめに

多くの不動産会社は自分たちの利益を最優先に考えているため「仲介」よりも「買取」を望みます。理由は「仲介」だと国が定める法律(宅地建物取引業法)で利益が決められてしまうからです。

例)相場1000万円の土地を「仲介」で取り引きをすると、不動産会社は最大でも72万円の利益になります。「買取」で取り引きをする場合、相場の8割くらいになるため、800万円で買い取った土地を1000万円で売ります。そうすると利益は200万円になります。また「仲介」の方が売却技術が必要になってきます。売り主と買い主の意向を調整して、お互いが納得できるように取り計らわなくてはならず、結婚でいう仲人のようなものです。「買取」は買って売るという行動になるため、相場が分かっていれば簡単です。ですので、売り主に対して巧みな話術で、なるべく安く買い取り利益幅を大きくするわけです。

※以上の理由で多くの不動産会社は「買取」を優先しておりますが、私たち不動産福岡は「仲介」を優先しております。その理由が以下になります。

1. 在庫を抱えずリスクを抑える

不動産会社にとって買取をする際の一番のリスクは売れなかった時です。銀行から借り入れをして買い取ることが多いため、買い取った不動産が売れなければ返済額が大きくなります。

2. 売主様の利益を最大限にしたい

私たちも買取での取り引きをすることはありますが、「急いでいる方」や「名義人が多くて取り引きが煩雑になる」などの特殊なケース以外は仲介での取り引きになります。全体の取り引きの90%以上は仲介です。目安1ケ月以上の時間の猶予がある方は仲介で取り引きをしたほうが高く売れます。

仲介と買取のメリットとデメリット

仲介

  • 「メリット」
  • ・買取よりも手取額が高くなる
  • ・売主側の考えやペースで売却できる
  • ・物件に住みながら売却活動がおこなえる
  • 「デメリット」
  • ・売却まで買取より時間が掛かる
  • ・仲介手数料が掛かる

買取

  • 「メリット」
  • ・すぐ現金化が可能で早い
  • ・周りに知られずに売却できる
  • ・仲介手数料が不要で手間が掛からない
  • 「デメリット」
  • ・相場の60~80%くらいになり仲介よりも手取額が安くなる