売却のコツ

査定の評価項目

はじめに

査定価格は販売価格とは違います。しかし、査定価格は販売価格を設定するための重要な基準値です。少しでも評価が高くなるのが望ましいので、まずは高評価を得るポイントを押さえてみましょう。

購入時より上がる場合は周辺環境の変化

購入した当時は商業施設や交通機関など充実していなくても周辺の開発が進み、電車やバスなどの公共交通機関が最寄りに新設されたり、学校が増えたことで通学の利便性が良好になるなどが起因します。大きく評価を引き上げることができるのですが、個人レベルでどうこうするというのは現実的ではなく難しい部分です。各自治体に今後の都市計画などを問い合わせてみるのもいいかもしれません。

日照

日当たりを気にする購入者はとても多いです。そのため、南向きひな壇のように日当たりが取れる住戸などは高い評価を得ます。

形状

正方形、長方形などの四角形である場合、建築における自由度や日照の観点から広く好まれます。現在、住宅地では長方形が主流となっているため、評価が上がるというより不整形地の場合は評価が下がるという印象です。

方位

通常、接する道路の向きで価格差が出ます。日当たりのいい南側道路ほど高く、東側と西側の価格差はあまりありません。また、北側道路は5~10%割安の傾向です。角地だと開放感や日照が優れるため人気が高く評価も高めです。

間口・幅員

道路に面する幅(幅員)は広ければいいというわけでもなく奥行きとのバランスもあります。また、家を建てる際には4m以上の道路に接していることが必要です。間口は5~10m、幅員5~6mの道路に面していると評価が上がります。

綺麗な状態にする

更地であれば不要な残存物、埋没物などを撤去することで評価は変わります。また、築年数の古い家屋であれば解体して更地にしておくことで評価は変わります。こちらは費用が掛かる面もありますが、売出価格に費用を加算するなどの工夫ができますので、不動産会社と相談してみるとよいでしょう。また、査定価格が上がるだけでなく、実際に売却をした際に買い手が早期で決まりやすくなる利点もあります。

時事的な要因

査定価格よりも販売価格に直接影響がでるポイントです。例えば、増税前は新築戸建ての駆け込み需要が発生するため、土地の購入を急ぐ買い手により高い価格で取り引きがおこなわれることがあります。

不利な条件でも朗報?鍵を握るのは新築予定の○○!

一般的に悪条件であってもそこに新築する家屋の設計や機能性などで克服することも可能です。

北道路の土地

玄関は北向きになるものの、南側に庭をとるように配置でき、かえって道路側からのプライバシーも守れます。吹抜けやトップライトなどで明るさの不安は解消できます。また、吹き抜けを取り入れる際、住宅の持つ高断熱性能で室温管理の不安を解消することも重要です。

旗ざおの土地

旗のような形の土地のことです。敷地延長とも呼ばれ、前面道路から奥まった土地で割安になりやすい形状です。周囲が建物に囲まれるため日当たりが悪い場合もありますが、騒音も少なく設計の工夫で隠れ家的な家を建てることができます。

傾斜地の土地

起伏の多いエリアに多く、高低差の度合いによって5~10%割安になります。基礎工事などに費用が掛かる場合もありますが、設計時の工夫で地形を活かした眺望のいい家や日当たりのいい家を手に入れやすいメリットもあります。

外部からの騒音

高気密性能を顕著に体感できるのが騒音です。気密性と遮音性は密接に関係していますので、こちらも住宅性能でクリアできる課題として挙げられます。

 

このように、元々の土地の形状や周辺環境などで悪条件な場合でも、建築する住宅性能を活かすことで売却する工夫があります。もちろん、こうした悪条件をクリアできる住宅性能でなければなりませんし、施工会社と密な不動産会社ならではの特徴といえます。当社のグループ会社に(株)福岡工務店があり高性能住宅を施工しています。そのため、私たちは実際にこうした悪条件を克服できることを知っています。無料査定でのご報告時に最適な販売計画もお話しさせていただいてます。少しでも高く早く売りたいとお考えの方はぜひご相談ください。