空き家活用術

空き家対策特別措置法、固定資産税における優遇税率の撤廃など、空き家を所有されている方には悩みの種となっているはずです。具体的にどんな対応策があるかいくつかご紹介していきます。

借家として賃貸収入を得る

賃貸をメインに扱っている不動産会社からの営業を多く受けていると思います。注意しなければいけないのが、老朽化した物件や残存物がある場合、事前に修繕・撤去が必要になりますので、物件の状態をしっかり確認して業者へ相談する必要があります。

空き家管理サービスに依頼する

不動産会社などが運営している空き家管理サービスに依頼する方法もあります。どこの会社も月額1万円程度で提供しています。ただし、家屋などの補修や庭木の手入れなどで実費が発生する際は、別途費用が掛かるのと、空き家のまま維持している状況は変わっていないので、根本的に解決していない側面があります。

売却する

売却方法は大きく分けて2種類あります。不動産会社へ販売を委託する方法と買取業者に売却する方法です。どちらにしても費用面から解体ができないという場合には特に有効です。不動産会社へ委託した売却の場合、相場以上での取引に大きく期待できます。買取業者の場合は早期の売却となりますが、相場から大きく下回る価格となります。

なお、所有されている空き家の売却に解体が必要な場合でも、負担のない販売プランもあります。当サイトの査定依頼フォームよりお気軽にご相談ください。