想い入れのある土地だけど、そろそろ考えなければ…。

P1120709

売主様の状況

  • ・60代男性
  • ・奥様と2人暮らし
  • ・先祖代々の土地
  • ・地目:田畑

もくじ

ご依頼前の経緯・お悩み

ご依頼後

あとがき

  • ● 査定額と同じくらい大切だった信頼関係
  • ● 担当者の想い

ご依頼前の経緯・お悩み

casestudy001-01
今回ご依頼いただいた土地は、先祖代々受け継がれてきた大切な土地で、お母様がご存命のときは、お母様が土地を耕し野菜などを育てていた畑だったそうです。しかし、お母様が他界され、その後はご近所に畑として貸し出していたそうです。
ご自身もご年齢を重ねられ、元気なうちに財産を整理したいと思うようになったご夫婦。また、ご主人が子どものころ、この土地を親と一緒に耕してきたそうですが、それが非常に重労働で、子や孫に同じ苦労を味あわせたくないという強い思いで売却をお考えになったそうです。
土地を売って欲しいという依頼やチラシなどは、売却を検討する以前からずっと続いていたそうです。しかし、まずはお付き合いのあった地元に不動産業者に査定を依頼されたとのこと。その際に、本格的に測量や試掘をされたそうです。
当時、査定はしたものの、売却を思いとどまることになったご夫婦。理由は、査定額が予想以上に低かった為でした。理由は、埋蔵文化財の出土。実は、お住まいの地域によっては、建物を建築する際に必ず試掘をおこない、埋蔵文化財がないかを確認する必要があります。 そして、もし埋蔵文化財が見つかった場合は、本掘をおこない、行政による調査が行われます。今回のケースでは、試掘によって、埋蔵文化財が発見されたため、不動産業者の判断で査定額が大幅に引き下がる結果となりました。
casestudy001-02

重要解説

なぜ埋蔵文化財が出ると査定額が大幅に引き下がるのか?

それは、埋蔵文化財が出土すると、多額の費用と時間がかかるためです。

・費用の問題(住宅地なら最低300万円以上かかる)

試掘によって、埋蔵文化財が確認されると「本掘」が必要になります。本掘とは、本格的に土を掘り返して、行政によって埋蔵文化財を確認し記録する作業です。ここで注意しなければならないのは、土を掘り返す本掘費用は、売り主であるあなたか土地を新たに購入する買い主のとちらかが負担しなければならないということです。かかる費用は、1平方メートルあたり、約3万円。100平方メートル(約30坪)の土地なら300万円近くかかる計算です。

・時間の問題(長ければ調査終了に1年以上かかる)

本掘は、行政がおこないます。そのため、他の場所の調査が終ってからでないと、順番が回ってきません。また、本掘してみた結果、歴史的な価値があるものが出土した場合には、さらなる調査がおこなわれます。つまり、終わるまでの長い期間がかかり、すぐに売りに出すことができないのです。そのため、相場より大幅に引き下げられた査定額が提示されるのです。

それから月が経ち、依然として届く不動産を売ってほしいというチラシや郵送物たち。そんな中、ひときわ目を引く郵送物があったそうです。それが、株式会社不動産福岡の郵送物でした。
casestudy001-03

ご依頼後

当社の郵送物を見て、もう一度査定をしてみようと思ったご主人。早速電話をして査定をしてほしいと打診しました。 そして、なによりも確認したかったのは、実際に現地を見た上で、郵送物を送ったのかということ。事前に確認した業者はこれまでなかったそうです。そこに、当社の本気度を感じたそうです。
当社の査定内容に基づいて、査定金額をご夫婦に伝えたところ、思ってもいない価格に大変驚かれていました。それは、以前査定したときよりも2倍以上高くなったためでした。

重要解説

2倍以上の査定額になった理由とは?

それは、行政による負担があること、買主に時間的な余裕があったことです。

・本掘にかかる費用を全額、福岡市が負担してくれた

自治体によって、本掘にかかる費用を全額負担してくれるところがあります。今回ご依頼いただいたケースは、福岡市だったので、全額福岡市が負担しました。そのため、売り主や買い主の自己負担がゼロになるので、その分査定価格を上乗せすることができました。注意点として、個人の買い主からでないと申請を受け付けてもらえません。売り主からできないのでご注意ください。

・本掘申請をおこなう買い主が建築を急いでいなかった

今回、当社グループ会社である株式会社福岡工務店の建築条件付き宅地にて販売しました。そのため、買い主のお客様に、本掘削に時間がかかることを予めご説明し、十分にご理解いただくことができました。

上記の2つのポイントにより、以前査定した時よりも2倍以上高い査定価格となりました。

当初は、試掘で遺跡が出たことにより、相場価格の半額以下で売るしかないとあきらめていた先祖代々の大切な土地。そんな土地についに、相場価格で買いたいという買い主が現れました。その買い主とは、グループ会社の建築会社「株式会社福岡工務店」で家を建てたいというお客様でした。これから新しい未来を作っていこうとされる、小さなお子様のいるご家族でした。

当社の特徴は、グループ会社に住宅建築会社があるということ。しかも、施工技術日本1位の実績がある建築会社です。土地はまだ見つかっていないけど、福岡工務店で家を建てたいとおっしゃるお客様が大勢いらっしゃいます。こうした、特徴を最大限活用し、グループの総力を結集し、買い主探しをおこなっています。

あとがき

査定額と同じくらい大切だった信頼関係
今回、当社にご依頼いただく決め手になったのが「信頼」とおっしゃるご夫婦。遺跡問題があったので、売った後にトラブルにならないというのが大前提にありました。そこで、買主に対して丁寧な説明ができる不動産会社に依頼する必要がありました。亡きお母様が大切にされてきた土地だからこそ、一切のトラブルが無いように、当社には価格だけにとらわれない真摯な対応が求められました。
担当者の想い
R3_09888_2

できるだけ高く売りたいというのは売主様の共通の願いです。しかし情報が少ないため、安く売らざる得ない売主様がたくさんいらっしゃいます。今回ご対応させていただいたお客様も、その中のお一人です。 結局、不動産業者にいわれるがまま、相場価格の半額以下で売却しているケースは多数あります。

また、業者によって査定額に大きな差がある点も不動産業者に対する信頼の低下につながっていると認識しています。 当社では、様々な観点で徹底的な調査をおこない、お客様の想いに心を寄せ、大切な不動産をお預かりしています。ご相談は何度でも無料です。まずは、些細なことでもいいのでお気軽にご相談ください。