2016年4月17日

熊本地震

本日、熊本に救援物資を渡しに行きました。
 
今回の震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 
福岡県助産師会の平田喜代美会長から協力を頂き
熊本県の浦崎助産師さん経由で、熊本市立画図小学校に
水や食料を届けました。
また、一般社団法人全日本工務店協会として
熊本の仲間のところにも、水を届けました。
 
メディアやSNSだけでは情報が錯綜し、何が本当なのかわからない中、
本当に役に立つことが出来るかわからないまま、
福岡から大分を経由して現地に入りました。
結果、今日1日だけでも多くのことがわかりました。
・余震が続く中、夜もゆっくり寝れず、疲れ切っている
・現地の小学生が炊き出しのボランティアを頑張っている
・支援物資が偏ってい入っている
・建物の倒壊棟数はテレビで見て思ったほど倒壊している棟数が少ない
・その反面、建物の壁や屋根の中、基礎などの破損(ひび割れや倒壊)は見た目よりも深刻
 
そして、現時点で
役立つボランティア方法は下記の事だとわかりました。
「1日でも早く、自力で自己責任で必要物資を、サッと届けてサッと帰る」
もちろん「ボランティアしてます」アピールをして邪魔になってはいけないし
そこで、食事をしたり寝たりするだけでも、迷惑をかけてしまう恐れがある。
そして、初期対応のボランティア活動として
 
ボランティア団体を通して、活動する事の難しさもわかりました。
熊本市もたくさんの団体から要請や質問を受けているとの事でしたが
余震が続き安全が確保できない中、もう少し見合わせてほしいとの事でした。
もし行かれる方がいらっしゃたら
今回、直接、支援物資を届けるルートができたので連絡ください。下記の物を自己責任で届けて頂けたら有難いです。
・水(とにかく飲料水)
・米(無洗米は喜ばれる)
・紙皿やコップ(汁物の配給で必要)
・ビニールの小袋(配給で分ける為)
・割りばし
・タオル
・口の衛生用品(歯ブラシ、歯磨き粉)
・赤ちゃん、高齢者、のオムツ
・女性用の生理用品
・ふりかけ
・梅干し
・ティッシュ
・のど飴
・毛布
・水の要らないシャンプー
・ウェットティッシュ
 
ただし、避難場所によって必要なものが異なるみたいで
余ってる物もあるとの事でした。
今回の件で
有事の時の備えが本当に大切だと感じました。
また、こういった状況にも関わらず
支援物資をある特定の方に持って行ったら
「私一人だけがもらったら、みんなに悪いから、みんなで分けます」とのことでした。
人としての器量の大きさも学びました。
 
そして最後に
ウチの有馬に感謝です。
朝、突然、「今から熊本に行きたい」という申し出に対し
嫌な顔1つもせず、ついて来てくれて
さらに、広報として写真を撮り
また、沢山の山や峠を越えての運転を何時間もしてくれて
本当にありがとう。
 
東日本大震災の時は何も出来ずに
もどかしく、無力さを痛烈に感じていました。
今回、その時の教訓を活かし
震災の翌日に、救援物資を届ける事ができました。
「今、何ができる」「今後の為に何ができる」

と今と未来を考える事の重要さを感じました。

IMG_0733.jpg
▲塀はいたることで倒れて、道が寸断されていた

IMG_8409.jpg
▲倒壊している家は、テレビで報道されているよりも少なく感じたが
 家の内部は、想像以上に激しく、修復等、今後長期にわたって深刻な問題になりそうだった。

IMG_8410.jpg
▲壁内部の損傷

IMG_843912212.jpg
▲地割れ

IMG_8440.jpg
▲コンクリートの損傷

IMG_8425.jpg
▲現地のボランティアの方々から必要な物をヒアリング

111111 (3).jpg
▲あるものを分け合う

IMG_8419.jpg
▲とにかく水が足りなかった。
(福岡では買占めによって、水が売っていなかった為、タンクや衣装ケースに蒸留水を入れて搬入した)

IMG_8429.jpg
▲小学校の給食をつくるとことが、震災の自炊場

IMG_8433.jpg
▲余震が続き、不安が続く中、現地のボランティアの方々が笑顔で受け入れてくださった。
小学生などが率先してボランティア活動をしていた姿に、複雑な思いで感動を頂いた。

IMG_8444.jpg
▲配給の時間になると、体育館に避難している人や、車に避難している方々が列を並ぶ

IMG_8449.jpg
▲今回、受け入れの窓口をして頂いた「助産師の浦崎貞子さん」
 助産師だけでなく、看護師でもあり保健師でもある彼女の奮闘には、心強いものを感じた。

IMG_8450.jpg
▲援助物資は、必要な人が、必要な物を、いつでも自由にとっていけるようになっていた。
こんな有事の時でも、誰も独り占めをしないのが凄い

IMG_8452.jpg
▲オムツもサイズや形べつに分けられている。

IMG_0729.jpg
▲セブンイレブンもお店を開けているが、商品が何もない

111111 (1).jpg
こんなコンビニは見たことが無い

2016年4月 9日

「Why」と「Because」

「なぜシリコンバレー(アメリカ)は世界的なイノベーションを起こすことができるのか?」
 
先日シリコンバレーに行って、
帰国後、レアジョブで毎朝25分、英会話をしているが、
「英語」という言葉の構造に影響していることが強いのかと感じた。
 
会話の中で頻繁に使われる単語が
「Why」と「Because」だ。
『なぜ、なんで~』
『なぜならば~』
と繰り返される。
これは、
理念を考えたり
物事の本質を考えたり
原因を探ったりと
深層を探る為には必ず必要な事だ。
 
 
また、英語は必ず、主語を必ず付ける
誰がを明確にする為である。
その中で
「We」(私たち)
という主語をよく使うが
これは凄く便利だ。
チームで1つのものを成し遂げようとするとき
Weを使うだけでチーム感を当たり前のように意識できるのである
 
 
さらに、英語は結論から先に述べる
結果的に結論や回答が早く
スピード感をもって、ものごとに取り組める。
 
 
 
日本では
上司が部下に
「なんで」「なんで」と質問すると
部下からすると
詰められているように感じてしまい、鬱陶しがられることがある。
また、子どもが親に
「なんで」「なんで」と聞くと
屁理屈と思われ
きちんと答えてもらえない事がある。
 
やはり
「なんで」は好奇心の芽であり
イノベーションの原点なのだと思う。
 
追伸」面白いQAサイトをみつけた!
 
『「なんで?」と聞く人はなぜそんなことを言うのでしょう?』
※「なんでって自分が質問してるし」と突っ込みたくなる