2012年9月29日

焦りは禁物

今日はバタバタし過ぎて
携帯電話と会社の子機を間違えた





iPhoneから送信

2012年9月23日

事務所の雰囲気で

__.JPG

今日、事務所全体にファブリーズして
USENのBGMをJAZZにして音量を上げたら
なんといつもの事務所の雰囲気がガラリと変わった

空間を感じるって
「視覚」以外にも「臭覚」「聴覚」が大切なことを改めて体感した



2012年9月21日

国の方向性

__.JPG

テレビでエネルギー政策のことが取り上げられていた
国の政策でも根幹に理念が重要とのこと
人と人とが集まって組織で動いていくには
やはり国も会社も変わらないのだと感じた


2012年9月15日

現場レポーターをレポート

今日は福岡工務店史上初の試み!
福岡工務店の建築現場レポート
現場レポーターの阿相さんをレポートしましたcatニャン

▼職人一人一人の動きを見ながら、面白い作業していたら
 すかさず「パシャッ!」camera

asoo1.JPG

▼現場監督の次に職人さんを見ているといっても過言ではないくらいに
 上棟時はいつも現場にはりついています。

asoo3.JPG

▼そして、またすかさず「パシャッ!」camera

asoo2.JPG

 

職人さんたちは、当初、現場レポーターのカメラが気になっていたとのことですが
最近はまったく気にならなくなったみたいで阿相も気兼ねなく撮れるようになったとの事good

阿相の近い将来の夢は「The職人!」という写真集をだすこと!
夢に向かって、カメラと一緒にいつでも現場にはりつきます。

福岡工務店の建築現場リポートはコチラ↓
https://www.fukuoka-k.jp/report/


 

阿吽の呼吸

今日は、福岡市南区高木で上棟でした。

職人さんの阿吽の呼吸はいつ見ても凄いです。

物の受け渡しや作業の連携動作

本当に効率よく、楽しくて見入ってしまいました。

genzennt.JPG

▼今日は、上からの写真を

gennbbab2.JPG

2012年9月14日

現場の笑顔

今日は福岡市南区花畑で上棟だった。
genbawsaha.jpg

現場はピリッとしていたが
職人や現場監督達の休憩中の笑顔は
額を流れる汗と合わせて最高だった。

hiwatshisssa.jpg
  ▲現場監督見習い:樋渡

2012年9月 9日

遠い空の向こうに(ロケットボーイ)

__.JPG

先月、購入していた映画「遠い空の向こうに」をようやく見ることができた
お涙頂戴だった〜
アントレプレナーを理解するにはこの映画をみればわかるという1本!
「諦めない」ことの大切さを学んだ

新築祝いに呼んで頂きました

__.JPG

今日は先日お引き渡しをしたお施主さんが、新居に大工さん含めてみんなをよんでくださいました
お仕事を頂いたうえにこうやって食事まで頂き本当に感謝です
これからも末長〜くよろしくお願いします。

2012年9月 5日

不動産ドラマ

今日は土地区画整理組合の方と少し話をした
土地って本当にたくさんのドラマがある
日本全国、世界各地
広大な敷地が広がっているが
その1つ1つに様々な出来事があると思うと感慨深い
さらに過去の歴史から考えると同じ土地でもいろんな事が起きる

不動産は無限のドラマがある

iPhoneから送信

2012年9月 3日

鉄の船

__.JPG

今日は接客の合間に少し時間が空いたので北九州の港までやってきました
改めて
鉄の船を見て
「よく浮かぶな〜」と思いながら
たそがれました

柔道ー金メダル

__.JPG

オリンピックで取れなかった柔道の金メダル
パラリンピックでとってくれました
ありがとうございます(^O^)/


2012年9月 2日

ロジックに魂をこめる

先週末から
QBSの集中講義で
企業財務を学んだ!

企業価値向上のための基礎理論を学んだ!
上場企業の事例が多い中、
なんとか
メガジャパンと福岡工務店の状況に落とし込んで学ぶ事ができた。

最後に先生から
「ロジックに魂をこめろ!」
という熱いメッセージを頂いた。

企業価値を向上させるために
現場もマネジメントも大切にしていきたい

2012年9月 1日

マイクロセミナー

本日は

税務顧問をしていただいている

税理士法人井村アンドパートナーズの60周年記念の催しに参加した。

ここでは、マイクロセミナーという小規模セミナーを開催しており

WEBマーケティングの講師として、この会に呼んで頂いた。

 

「マイクロセミナー」という考えには、凄く賛同した。

これからの社会はソーシャルの観点は必要不可欠になってくるからだ。

しかし、資本主義社会において利益を上げることは

企業を存続させる上では当たり前のことで、

利益を上げた上で、社会貢献をしなければならない。

ソーシャルビジネスの考えが大切なのだと痛烈に感じている中、

マイクロセミナーの一講師として

呼んでいただけたことにすごく嬉しく感じた。

 

 

 

メガジャパン第6期に向けて

2012年8月31日でメガジャパン第5期が終了した。
起業して5年以内に5社に4社が倒産するという統計データがある中で
何とか増益を続けてこれたのは
月並みな言葉になってしまうが
「みなさんのおかげ」である。
社員はもちろんのこと
お客様、取引業者様、地域の方々など
たくさん人と繋がりが深くなって
新たな出会いがあって
なんとかやってこれたのである。


しかし、自分ごとで言うと
この5期目の1年は「考える」1年だった。
脳みそが本当に忙しく、考えても考えても
答えが出ず、考えなければ前に進まず、
頭の中がグッチャグチャだった。
(正直、今もであるが)

以前、上司から
『「キャパ」は自分でつくるもの!
 キャパは自分でつくってはいけない』
と教えられた。
キャパ=限界ということになるので
自分自身でその限界をつくるとそこで成長が止まってしまう
という意味からである。

そして、この1年は、この教えに反し、
自分で「キャパ」をつくってみたが
そんなことを許されない状況だった。
否応なしにそのバリケードが壊されていく感じで
本当にキャパを超え続けた1年だったように感じる。
おかげで考えるキャパに関しては
1年前に比べると大きく広がったのだと思う。

特に脳みそを忙しくしてくれたことは
なんといっても「理念」である。
「おっ!をつくる」
という理念に行き着いたことに
本当に嬉しくなり
強くなれた気がした。


そして、今、いろいろな問題があっても
結局は自分がつくりあげた問題であり
その問題と真っ向から勝負していかなければならない。
結果的には自分との戦いなのである。
野村監督は「敵は己にあり」と言っているが
本当に自分との戦いなのだと思う。
良くも悪くするのも自分次第だ。

今日からメガジャパンは第6期目である。
勝負の年である。
リスクをとってでもこの1年は前に前に進んでいこうと思う。