2011年1月28日

経営指針書をつくる決意

先日の経営者セミナーで 「迷子の定義」という事を言っていた。

①今、どこにいるのかわからない。
②今、どこに行っていいのかわからない
③今の事をどう言っていいのかわからない

この3つが揃えば完全に迷子との事だった。
これをメガジャパン・福岡工務店に例えると
正直・・・・・
こんなブログを書いたらみんな不安になると思うが
「迷子ではない」とは言えない。

そこで、早速、胸を張って
「迷子ではない!」と言えるように

『経営指針書』を作成する事にした。

実はこの指針書、
3年前にも作成したが
会社を立ち上げたばかりで
具体的な数値もわからず、ただ絵を描いたような感じだった。
しかし、ここにきて、4年目
過去の3年間の数値を踏まえて
具体的方針を打ち立てる事にした。

『経営指針書』は次の3つから成り立っている。
A:経営理念
B:経営方針・戦略
C:経営計画

経営指針書は航海で言うと
羅針盤のようなものだ!
もっと、経営者としての仕事をするため
まずは、この基本からやる事にした。