2010年9月30日

勝ち組?負け組?引き分け組?

昨日、久しぶりに 「勝ち組」という言葉を聞いた。 正直、なんかその言葉単体がすごく 無意味な空虚な感じがした。

会社を起業する前は 「勝ち組になるには?」 などというセミナーに参加したり 本を読んでも 「勝ち組」というキーワードが頻繁に出てきた。   しかし、ここ3年 我武者羅に仕事をしてきて この言葉をすっかり忘れていた。   起業してから いろいろな プロジェクトを企画したり お客様に交渉したり いろいろな事に挑戦してきた。 結果、感覚的に1勝9敗くらいである。 最終結果だけで言うと「負け」の方が圧倒的に多い。 でも気持ちは全く「負け」た感じがしていない。 かといって「勝ち」の感じも全くない。   そう考えると この「勝ち組」「負け組」という考えは 第三者が1つの指標・基準をもとに あるグループを判断することである。

企業も進化し続けない限り衰退していくように 自分で自分の目標に向かって挑戦し続ければ 負けることはないんだと思う。

2010年9月28日

メガジャパンのホームページ久々に更新

メガジャパンの
ホームページを更新しました。
久々のメガジャパン本体ホームページの更新です。
この更新でつくづく思った。
 
1人の営業マンが
1つのホームページを
企画・作成・運営するという
メガジャパン独自のスタイルを
以前目指していた。
 
しかし、3期目からは
ランチェスター戦略の考えにもとづき
1点集中することにして
このスタイルは終了した。
 
やはり、「1人1つのホームページ」
という考えは
組織として会社を運営していく上で
あまり意味がないことに
今更ながら気付く。
 
組織の強みを生かすことが大事である。
今後、自社でホームページを
運営していくことがどこまで有効なのか?
キチッとその線引きを見極めたい。
 
メガジャパンのホームページ
http://www.megajapan.jp/

2010年9月26日

最近のプリクラ事情

先日の休日
久しぶりにプリクラを撮った。
最近の機械はいろいろ気がきくらしく
自動的に目が大きくなるようになったりする。
 
そして、撮影後
衝撃の1枚が印刷された。
 
それがこの写真だ
1・2・3↓
20100926142636.jpg
 
自分で言うのはなんだが
「気持ち悪い」
もうチョット自然に撮ってほしい!
 
ゲゲゲの鬼太郎の「目玉の親父」が存在したら
どうなってしまうのだろう・・・?
 
でも最近は自動的に機械が目を判断できるんだと感心した。
 
今まで
コンピューターは「言語」でしか
認識の違いが出来なかったが
この技術がもっともっと進化すれば
画像などの「言語」以外でも
認識できるようになるのだろうか?
 
YahooやGoogleなど
キーワード(言語)で検索している現在だが
そのうちそうすると
感覚で検索が出来る世の中が来るのだろうか・・・?
 
そうすると
YahooやGoogleの時代は終わり
また、新たな巨大企業が誕生するのか?
 
 
この変なプリクラから
とめどない妄想をしてしまった。

2010年9月25日

ある日の光景

リフォーム工事している現場のマンションでの一コマ

隠し撮りしました。
hpm1111.JPG

メガジャパンの専務
福岡工務店の専務
ジュービのと豊枡さん
3人で同じ方向を向いて何を見ているのでしょうか?
hpm123.JPG
そして、隠し撮りは良くないと思い
ちゃんと前から撮らせてもらいました。
 
頼もしい男衆です烈

2010年9月24日

20100913150446.jpg
ここは天神のある道だ いつも何気なく通っている道だ。 たぶん福岡で一番太い道じゃないかなぁと思う 信号機もたくさん設置され整然としてる

中国北京の道を思い出した
道幅はどこもかしこも太い
しかし、信号も少なくクラクションが鳴り響いていた
そして中央分離帯は直ぐに移動できるようになっていて、戦争になると戦闘機の滑走路になるようになっている
戦略としてよく考えられていると思った


では
自分自身の道はどうなのか?
ジャリ道、4m以下の道、起伏の激しく道、…
いろいろある。
これから自分らしい道をみんなが使いやすい道を整備していきたいと思った

2010年9月23日

カレー×2

今日も食べました。
藁屋のカレー
2日間続けて食べちゃいました。
少し贅沢しすぎですね。 
20100923123309.jpg
たしか、牛塊のカレーっていう名前のカレーです。

2010年9月22日

カレーうま~い

今日、ムチャクチャうまいカレーを食べた。 自分はどちらかというと カレーよりハヤシライスの方が好きな方だが 今日食べたカレーはうまかった~ カレー屋のカレーではないのにうまかった~
20100922142003.jpg
福岡県春日市桜ケ丘にある 「新和食旬三昧 藁屋
ランチで980円という価格で お昼にしては少し割高だけど これは一食の価値ありです。 マストイート! 

2010年9月21日

マイベイビー

20100921225939.jpg20100921230025.jpg
先週のつーちゃん 30週6日目です

明日で予定日まで50日になります。
早く会いたいです。

2010年9月19日

放生会から平和の願い

先日、筥崎宮の放生会に行った。

houjyoaa2222.jpg
放生会は博多三大祭のひとつで
いつものごとく、焼きもろこしをかぶりついていた。

houjyoaa.jpg

 
そこに衝撃的な文字が目に飛び込んできた。
 
「敵国降伏」
 tekikokko.jpg
このご時世に
なんとも物騒な言葉だ・・・

 
その後気になって調べた。
 
すると
この字のままの意味でもあるようだった。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国家の敵を潰すため敵国折伏のためにやる法術が
西暦840年から日本に伝わっており
当時、この秘術は国家最高の密教秘術だったとの事。

平将門を藤原氏らがこの秘法を使い討ち取ったらし。

そして、この敵国降伏の秘術を大々的に行われたのが
蒙古襲来のときだった。

当時の亀山上皇は「我が身をもって国を救え」と全国に
宸筆(直筆)の願文を書き、
日本中で「敵国降伏」の祈願が始まりまった。

そして、あの有名な「神風」が吹き
6万艘が沈んだという。
 

そして
筑前領主小早川隆景がこの門を造営した時、謹写拡大したものらしい。
 

なんとも長い歴史がこの文字には隠されていたとは・・・
そしてこの筥崎宮は蒙古襲来のおり、神風が吹き困難に打ち勝ったことから、
厄除・勝運の神として有名になったそうだ。

 
その後、日清、日露戦争、太平洋戦争のときも
この敵国降伏の秘術は執り行われたそうだ。

 
(これが自分の調べた見解だが、正直はっきり調べ切れなかった)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

この「敵国降伏」の扁額が掲げている楼門は国指定重要文化財になっている。
 
しかし、この文字
あながち時代錯誤の言葉ではないような気がした。
 
中国漁船衝突からの尖閣問題 
北朝鮮の核問題など
いつ、危険な状態になるのかわからない。
 
日米安保、国連平和維持活動が行われ
日本的には今は安全な状態なのかもしれない。
 
しかし
世界を見ると
いまだ、テロや内戦など
紛争が多発している。
 
この「敵国降伏」を見て
何だが、
「平和ボケ」している感じがした。
 
もちろん戦争は絶対にダメである。
戦争はせず、お互いの国と国が
協力し合い、世界経済を潤滑にまわしていくことがベストである。
 
情報交流、文化交流をして
国と国とが平和を維持していかなければならない。
 
 
改めて、この言葉から
この平和が当たり前だと思いすぎている自分がいたことに気付かされた。

2010年9月18日

一杯の牛丼から

今日は吉牛で遅いランチを食べた 吉牛に来るといつも思い出す思い出がある。 20100918151443.jpg 高校のとき自分の友人の一人に 一円単位まで割り勘する男がいた。

(今でも友達だ) 彼は吉牛に行くと必ず 「ネギ抜き」を注文していた

ネギが嫌いなんだと思っていたら、ある日の

バーベキューで
普通にネギを食べていた。
 
「あれ、ネギ嫌いなんじゃないの?」
 
「嫌いじゃないよ」
 
「吉牛、行くといつもネギ抜き頼んでるけど・・・」
 
「あれは、ネギ抜きにすると牛肉の量が増えるから」
 
との回答だった。
 
「つるせこ~」
 
今は、ネギ抜きはしてくれるお店はないが
当時、彼の計算によると
ネギ抜きはお得だったらしい。
 
しかし、この彼、
転職を繰り返し
ステップアップしながら
今では超ー大手企業に勤める
出世街道を登っている男である。
 
 
今、考えると
納得する。
 
一杯の牛丼にでも
ここまで突き詰めて
考えていることは
他の事にもいろいろ考えていることである。
 
自分も社長業として
世の中の動きから経費、売上げなどなど
突き詰めて考えて行こうと思う。

2010年9月17日

今日の現場リポート

本日の現場リポートも
読み応えがあります。
 
 ↓
http://testmj.sblo.jp/

ポスティングゥ~

本日は
メガジャパンと福岡工務店と
明日の構造見学会のためのチラシを
ポスティングした。
 
炎天下の中
みんな力を合わせて
4000枚を配りました。
 
久しぶりに営業現場の中に入り込んだが 
少し熱中症になっちゃったかな・・・

2010年9月16日

トルコ・エルトゥールル号の遭難

明治23年の今日 トルコのエルトゥールル号の遭難した日である。

torukosada.jpg  

この事故を知っている人も多いと思うが

この遭難事故に際し、 当時の日本人(和歌山県東牟婁郡串本町の方々)は 不眠不休で生存者の救助や介護 殉難者の遺体捜索、引き上げなどを行い 日本全国からも多くの義金、物資が寄せられた。   実はこの事件は 100年くらい経ったイラン・イラク戦争に繋がってくる。

 

そしてこの100年くらい経った 1985年3月17日のイラン・イラク戦争につながってくる。

1985年3月17日サダム・フセインが、 「今から48時間後に、イランの上空を飛ぶすべての飛行機を撃ち落とす」 と、世界に向けて発信した。

イランに住んでいた日本人たちは慌ててテヘラン空港に向かった。

世界各国の対応は自国の飛行機を出して救出している中、 日本政府はJALを飛ばすか素早い決定が出来なかった。

そして、その日本人たちは どの飛行機も満席で乗ることができずパニック状態になっていた。

そこに、2機の飛行機が到着した。 トルコ航空の飛行機であった。 日本人215名全員を乗せて飛び立った。

タイムリミットの1時間15分前であった。

なぜ、トルコ航空機が来てくれたのか、日本政府もマスコミも知らなかった。 一部のマスコミでは、「日本の資金目当てだ」などと報道していた。

しかし、実際は この「エルトゥールル号の恩返し」だったのだ。 前・駐日トルコ大使、ネジアティ・ウトカン氏は次のように話した。   「日本人が過去にしてくれた献身的な救助活動は、今もトルコの人たちは忘れていない。  エルトゥールル号の事は、小学生のころ、歴史教科書で学んだ。」 トルコでは、子どもたちさえ、エルトゥールル号のことを知っているとのことなのだ。

    100年経っての恩返し

人の情っていいなぁ~と思う出来事だ。  

 

2010年9月15日

イクメン

マタニティスクールに参加しました。
新パパとして、赤ちゃんとそして妻と
どうやって向き合うのか
真剣に考えさせてもらった時間でした。 
ninpuratai.jpg
↑写真は妊婦体験
結構重く、女の人って大変だなぁ~とつくづく感じました。
妻、強しっ!
 
 
kotsu.jpg
そして、これが女性の骨盤↑
kotsu-2.jpg
赤ちゃんの目線から見た骨盤↑
この穴、直径10センチくらいしかなく
この穴を赤ちゃんは通って
お腹の中から出て来るそうだ。
なんか、ねじれながら出て来るらしくて
赤ちゃんも大変だなぁ~と感じました。
 
赤ちゃん、強しっ!
 
そして、沐浴体験↓
ohuroooo.jpg
これがかなり難しい
手首が変な角度になり
腱鞘炎になりそなくらい辛かったです。
 
子育てを積極的に楽しもうとする男性のことを
イクメンというらしい。
仕事と両立できるようにがんばろうと思う。

構造見学会開催♪

南区井尻の家の工事が
ちゃくちゃくと進んでおります。
 

今月の18日(土)・19日(日)は南区井尻で
建物の構造見学会を開催します。
(20日(月)は予約制になっていますので事前にお電話でご予約下さい。)

http://www.1house.jp/campaign/index.html

くだもの人生

お客様から梨を頂きました。
nashinashi.jpg
 
自分は小さい頃
好き嫌いが多かった。
しかし
果物だけは、かなり沢山食べていて
母親から
「果物で生きているようなもんだ」
とまで言われたくらいだ。

2010年9月14日

IHの魔術師

田辺木材のかおちゃんこと、カオルさんが
パエリアをIHクッキングでつくってくれました。
oaeriaaaa.jpg
 
「うま~」 
 
カオルさんには
福岡工務店の経理もしてくれて
ゴハンも食べさせてくれて
感謝感激です。

2010年9月13日

新種の飲み物

とあるモスバーガーで
アイスレモンティーを注文したらこれが出てきた。
 

20100913181347.jpg
  
んっ
なにか色が…!?

恐る恐る
飲んでみると
アイスコーヒーにレモンが入ってる?
アイスレモンコーヒー?

新種の飲み物か?
店員に尋ねたら
単なる間違いだった。

『どんまいっ』

初めての体験に少しドキドキしました

久しぶりの電車

20100913135731.jpg
久しぶりに電車に乗りました〓

高校時代は片道1時間以上かけて通学しており、
往復の時間を考えると
1/12日を電車の中で過ごさなければなりませんでした。

しかし
久しぶりに乗るといいもんで、こうやってブログを更新したり本が読めたりと、頭を休憩させるのには良い時間なのかもしれません。

今は時間を有効に使うことばかり考えてましたが
車で運転する時間を考えると電車の方が有効なのかもしれません。

2010年9月12日

おでんの常識

コンビニでおでんが売られる季節になりました。 
20100912002004.jpg
しかし、この「おでん」
「おかず」か「おかずではない」かのどちらかの意見に分かれます。
我が家では昔からおかずでした。
おでんとゴハンを一緒に食べてお腹いっぱいになります。
そして、お好み焼きや焼きそばは
おかずになるかという意見です。
 
我が家では、おかずではなく
それ単体で食べます。
 
これが自分の中の常識でしたが
この常識は、地方によって大きく変ります。
常識ほどあてにならないものはないな~と思う出来事でした。

2010年9月11日

肌で感じるアジア情勢

 

先日、中国に行き、
今後の日本の経済状況などを少し推測することが出来た。

自分は経済ジャーナリストではないので
難しい話は出来ないので、あくまでも感じた話だ。


今、現在の中国の勢いやエネルギーは凄まじいものがある。
それに比べると日本は、衰退傾向を感じる。

しかし、日本の技術の信頼性の高さは抜群だ!
「Made in Japan」の力は凄い。
この言葉だけでも商売が出来るくらいだ。

 

しかし、しかし、考えてみれば
その技術をつくってきたのは今の40歳以上の方々だ!

その年齢層の方々をよく見ると
今でも、労働時間が長くよく働く、そして本当によく遊んでいる。
飲みに行っても、「朝まで」なんて、しばしば。

自分の年齢層や下の層などは、40歳以上の方々に比べると全然あまい。
つきあいも少ない。
gdpnogu.jpg

 
 
これから、このペースで進むと
中国は日本の技術をどんどん取り入れて成長していく。
日本の技術を培ってきた方々はどんどん引退していく。

今年、日本は中国にGDPで追い抜かれるという予測されているが
このままいくと、どんどん差がついてしまう。

 
今後、日本は
中国と共存し、共に繁栄する方向を模索していくことが大切だと思う。
日本できちんと地盤を固め、中国で展開していくことが、今後の流れだと思う。
「自分だけ」という考えを捨て、企業と企業が連合して、大きな力をつくることがカギになってくると思う。

2010年9月10日

ヘルメットとユニフォーム

福岡工務店のヘルメットと作業着が出来上がりました。
hukuoak2.jpg
  
そしてユニフォームと一緒に着用するとこんな感じ↓
hukuoak1.jpg
 
現場監督である福岡工務店専務と「ハイポーズ」
 
自分、かぶりこなせず、ヘルメットがズレテいます・・・嶺
 
でもこうやってユニフォームがあると
会社の名前(看板)がでてるので、気が引き締まります。

2010年9月 9日

かみつきザル

かみつき猿の被害が静岡県で相次いでいる。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20100909-00000049-nnn-soci
 
kamitsuki.jpg
この猿を捕獲したら20万円の懸賞金が支払われる。
 
この猿、
窓を網戸にしていると
網戸を開けて家の中にも入ってくるらしい。
想像すると怖い!
 
しかし
土地の所有権や借地、建物の不法侵入など、
人間の世界の中だけで通用する「人間の縄張り」である。
この縄張りは猿には関係ない話だ!
 
逆に
猿の世界にもニュースがあったらどんなニュースになるか?
「人間が自分の山を勝手に切り崩している」
「自分の縄張りに勝手に人間が家をつくっている」 
などなど報道するのであろうか?
 
 
 
こんな話をすると
今回のかみつき猿に被害にあわれた方々には申し訳ない。
しかし、この猿は何を思って
人間を噛み付いているのだろうか?

2010年9月 7日

適材適所

自分が経営をしている中で
気をつけていることの1つとして
「適材適所」ということがある。
 
しかし、この適材適所
この場の意味はわかっていても
本当に難しい。
その人のことをわかっているつもりでも
全くわかっておらず
的が外れることもしばしば。
 
そんな中
これは適材適所かなと思える
セクションがあった。
  
それは現場レポートである。
 
現場リポート
 
リポーターの阿相さんが
毎週、現場に取材に行き
記事を更新してくれている。
 
・記事の面白さ
・建築知識に対する勉強の熱心さ
・現場で職人さんとのコミュニケーション
 
そして何より阿相さん楽しんでくれていること。
 
すごく良い循環である。
 
この記事を
今後、家を買う方の参考にもして頂きたいが
現場の職人さんにも是非見えていただきと思っている。
 
「家づくり」という1つのドラマを
住む人、作る人、考える人
みんなでつくりあげていけば
すごく良い循環が生まれてくると思う。

2010年9月 6日

解体工事ビフォアーアフター

久留米の物件です
20100906230142.jpg
 ビフォアー
  
20100906230227.jpg
 アフター
 

やっぱり不動産は現場で動いている

世の中、不動産物件は沢山あるが、その一つ一つにドラマがあり歴史がある。

この何気ない土地の周辺は
かつては東芝の創業者である田中久重の工場があった所である
氏は『東洋のエジソン』『からくり儀右衞門』と呼ばれた日本の発明家である

この辺りで日本の技術が生まれたと思うと感慨深い

2010年9月 5日

オロナミンC

昨日、上棟式でお客様からオロナミンCを頂いた。 
20100905125520.jpg
  
上棟式で栄養ドリンクを頂いたのは初めてだ!
 
このオロナミンCを飲んでいて思った。
お客様が、
この暑さが続く中、
大工さんのこととかを親身に考えてくれたんだと思った。
本当に嬉しい心遣いだ。
 
元気ハツラツ仕事しよっと♪

2010年9月 3日

成長の肥し

成長する為の肥料って
やっぱり「失敗すること」だと思う。
mesaniiiuh.jpg
メガジャパンで今取引させているお客様に
当社の業務の失敗で
大変、迷惑をかけている。
 
この失敗に対して
どうやって動くかが重要だ。
 
失敗を失敗で終わらすのか?
失敗を次への糧にするのか?
どっちにするのかは
自分次第で、当社次第だ。
 
ヘコタレズ前を向いて成長していこうと思う。

2010年9月 2日

メガジャパン第4期始動

経営者向けの本に書いてある倒産割合のデータを見ると 起業後 1年以内に廃業する会社は30%とも40% 3年以内で70% 10年以内に廃業する割合は93%! とも言われている。   こう考えると メガジャパンは4期目を無事に迎える事ができ 30%の企業に残れたわけである。   「倒産」など、あまり後ろ向きな発言は テンションが落ちるので使いたくないが 会社の内容は別に、素直に嬉しい事実である。   また、お蔭様で 起業1期目から黒字経営ができ 増収増益を続けることができている。     そして、4期目 3年という節目を過ぎ 更なる飛躍をしなければならない。 そのためのポイントは大きく3つあると考えている。   ①自分や社員の成長 ②新規事業の展開(将来への投資事業) ③収益を生む「しくみづくり」の強靭化

  もちろん顧客満足などお客様視点を大切にすることは当たり前のことであるが 経営という観点から考えるとこの3つになる。   ①に関しては、社員や自分などの各々の成長も大切だが、  組織として成長しなければならない。  専務、所長、社員、アルバイト、全員参画で「組織」を形成し  「1本の矢よりも3本の矢」というような  強い組織にしていきたい。   ②「今」の仕事と「将来」の仕事をしていかなければ  会社は成長していかないと思う。  その為には、投資という観点で新たな事業展開を模索しなければならない。  今考えている展開はやはり中国だ。  福岡という立地は東京に比べると好立地になる。  また、先日の中国の実情を見ても、中国のエネルギーは凄まじい。   ③しくみづくりは3年でようやく骨組みが出来てきたように感じている。  しかし、このしくみのポイントは「強靭」である。  強靭を辞書で調べると  『しなやかで強いこと。柔軟でねばり強いこと』と書かれている。  環境の変化が早い近年、  この変化に柔軟に対応し、そして強いしくみをつくらなければならないのである。

2010年9月 1日

ホリエモンの後援会

今日は堀江貴文氏の後援会だった
最前列の席だったので
2~3m先の近くで話を聴くことができた

一番印象的だったことは

『常識にとらわれない』

ということだった
この言葉は成功者のはなしによくでてくるが
堀江氏が話すと
具体的で「なるほど~」と思った。
1つ1つの物事に常に「なんで」を考えて、考える習慣を身につけるということだ。
この事は自分自身も実行するようにしている


日本の教育習慣はあまりこのことを大切にしていない感じがする。
あまりにも「なんで」「なんで」が多いと
『屁理屈』と呼ばれ、
考える機会を大人から奪われてしまっている子人が多かった。

これからメガジャパンも福岡工務店も
この『なんで』を大切に
個人からチームまで考えられる集団を目指していきたい