2009年7月27日

ムーニー

先日、オムツのムーニーのCMをやっていた。 そのCMで 「ムーニーはスリムになったのでCO2削減できました」 と言っていた。 「なんでスリムになったからCO2が削減できるのか?」 と不思議に思った。   屁理屈といえば屁理屈だ!   そこでムーニーのお客様相談室に 電話した。 「今CMを見たんですが、  なんでスリムになったからと言って  CO2が削減できた事になるんですか?」   ムーニーの人から見ると 本当に嫌な客だと思った。 俗に言うウザイ客である。   しかし、流石ムーニーである。 赤ちゃん用品を取り扱ってあるだけに 赤ちゃんに語りかけるように 説明してくれた。   「素材が・・・・」 しかし納得いかず   「どのくらいの削減なのか数字で教えてください!」 「素材を削減したら、吸収力も削減されるんですか?」 

2009年7月14日

情報

今日は久しぶりにセミナーに行ってきた。
ホームページでお世話になっているところの勉強会だ。
http://www.niche-marketing.jp/
  
そこでいろいろな方とお話させて頂いていたが
本当に10人いたら10人の考えがあって
いろいろな考え方があることを実感した。
 
ただ、一つ感じたことは
情報化社会といわれる世の中で
その情報をうまくビジネス(お金)に変えることの
難しさや偶然さ・必然さの様なものを感じた。
 
情報をコントロールするために
更なる情報が必要であったり
情報と情報をジョイントして
新しい情報にしたり
本当に面白いと感じた。
 
今後、自分の持っている情報は惜しみなく
アウトプットし
更なる価値の高い情報をインプットし
良いサイクルを作って行きたいと感じた。

2009年7月12日

住育

今、『住育』という家づくりについてのテレビがやっていた
家を提案している自分としては興味津々な番組だった
住育とはコミュニケーションを考えた空間をつくり幸せな家族をつくることだそうだ
主に
幸せなり主婦にとって便利な家=家族が幸せな家
①楽しい玄関をつくる
②お父さんの席をダイニングテーブルにつくる
③テレビはダイニングから見えない場所に

先日、我が家で会社のみんなとゴハンを食べる為にソファーの位置を変えた

ただそれだけのことだったが、
一緒に腹筋したり
写真を見たり
家の中でのコミュニケーションが少し増えた

今後、住宅に関わっていくうえで
こういった細かい部分まで提案できるようにしていきたい

2009年7月10日

三振

人生のバッターボックスに立ったら、
  
見送りの三振だけはするなよ。

 
   ・・・・・ by 小林 茂

 
先日、僭越ながら知り合いから起業についての相談を受けた。
その時に話題に出た名言だ!
 
自分は考えるより行動が先走ってしまう傾向がある為
よく失敗する。
しかし、その失敗には今のところ後悔はしていない。
 
この名言の台詞を引用すると
自分の場合は、三球で空振り三振をしてきた。と自負している。
ブンブン振って、ヤケクソに振っていたこともある。
 
そんな時、自分を奮い立たせてくれる言葉でもあった。
 
やはり、今後ともブンブンと振っていこうと思うが
出来ればストライクの球だけを振っていきたい。