2009年2月26日

面接

昨日から面接が続いている
メガジャパン始まって以来のパート・アルバイトの募集を行なったからだ。

フリーペーパーに小さな記事を載せただけだったが20人以上の問い合わせがあった。
今まで生きてきた中で面接してもらう方だったので、逆の立場になると戸惑う。
面接に来てくださったかたの話を聞いて、その人の特技や長所を見つけて、メガジャパンの求めているものと合致しているかを見極める。
正直、一人一人と真剣に対話すると疲れる。
何かを期待して面接を受けに来てもらってると思うと、適当には出来ない。

今日でようやく半数の方と面接し色々な方がいたが、やはり他の人にはない何か光ものを持っている方がいい。
明日の面接も楽しみだ烈

2009年2月16日

バレンタインデー


女性が男性にチョコレートを贈るのは、日本独自の習慣である。
1958年に東京都内のデパートでチョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりである。
 
今ではチョコレートといえばバレンタイン・デーの象徴のようになっていて
毎年恒例の行事になっている。いわば日本の文化だ。
  
  
自分の将来の夢の一つに「文化貿易」という概念がある。
文化ごと海外から日本へ輸入し、日本から海外へ輸出するというものだ。
しかし、その文化をそのまま輸出輸入するのではなく
その土地がらにあった内容にリメイクする。
  
まさにバレンタイン・デーは自分がしたい夢の形でもある。
   
そこで2月14日がバレンタイン・デーになってる今、
将来的に2月10日を不動産デーにしたらどうだろうか?
hart.gif

2009年2月13日

Google

logo11.png
今日、Googleが開催するセミナーに行ってきた。
「Google」と聞くと
クリエイティブな集団で
愛想悪く、頭がカチカチな人が多いと
イメージしていた。
 
しかし、実際に会って話してみると
ムチャクチャ感じ良く
丁寧で低姿勢で親切だった。
 
更に、
自分が待ちの時間ができた時
向こうから声をかけてくれたのは「役員」の人であった。
 
イメージが180度かわり本当に驚いた。
 
どんなにITが進んでも
実際に会って話さなさなければ分からない
情報って沢山あるんだと感じた。
  
どんなに技術が発達しても
会って話すということ以上の
信頼感を得る技術はないと感じた。

2009年2月 8日

ドーナツ

昨日から2日間
会社の経営指針書を作成するために
勉強会に行って来た。
福岡の企業の社長が30名くらい集めっての勉強会だった。
syo.jpg
 
 
 
久しぶりに会社の外に出て
営業の思考回路から脱却し
会社運営(戦略)の事を集中して考える事が出来た。
 
そこでこんな質問をもらった。
 
「ドーナツの説明をして下さい」
  
 
 
 
 
  
 
 
 
 
  
「穴があって・・・」
  
「小麦粉で作られていて・・・」
  
いろいろ回答があると思うが
 
では、本当に穴はあるの?
 
 
「穴」はドーナツを説明する上での
重要な特徴の一部だ。
穴がなければ、揚げパン?
 
本当に大事な部分は見えないと言う事だ。

2009年2月 3日

IT不動産

メガジャパンの 営業主任のブログが始まった。 http://ameblo.jp/megajapan/ そして 営業主任がプロデュースする ホームページも着々と出来上がっている。 http://www.megajapan.jp/osafudousan/index.html

    ようやくメガジャパンの方向性が見えてきた。 題して「IT不動産!」       

自分が起業した理由の一つとして 「何か誰もやっていないことをやりたい!」 という気持ちがあった。   しかし、世の中はそんなにあまくなく。   「誰もやっていないから儲からない」 「儲からないから誰もやっていない」 という原理があり、 普通の不動産屋で止まっていた。 (もちろん基本の業としての不動産業は大切!)   そんな中、ここに来てようやく 当初、考えていた一つの方向性が見えてきた。 それが「IT不動産」である。 syousai.gif ●「IT不動産」とは? 1社員が1つの独立したホームページを持って企画運営する。 そのホームページの作成はその社員が独自で行い更新作業も各担当者が行う。 そして、各ホームページの良いところや悪いところを全員で話し合い、 ホームページの内容を向上させていく。 日々の日報も、ブログを更新することにする。 そして、そのブログをお客様にオープンにする。  

   ●メガジャパンの仲間へ この「IT不動産」は、不動産の知識以外に ホームページなどのIT関係の知識も習得しなければならない。 「IT」も「不動産」も情報が命だ! そして、その情報は刻々と変化する為、スピードが求められる! 本当に大変だと思う。 しかし、「誰もやっていない事をしている」という 未知なる領域に挑戦していることに誇りを持ってほしい。

これから、楽しい事、辛い事、嫌な事、泣ける事、嬉しい事 いろんなことが待ち受けていると思うが

どんな事でも、柔軟に受け止めて、前へ前へ進んでいってほしい。   

そして、その経験が将来の糧となり、力となる。 これからも、豊かな感性と創造性をもって励んでほしい。

2009年2月 1日

慣れる

2009年の最初の月が終わった。
いつもの月に比べて営業会社らしい月末だった
今日は久しぶりに『営業』について記したいと思う


営業マンで成績の良い人と悪い人の決定的な大きな違いを見つけた
それは烈慣れ烈である
頭の回転やフットワークの良さ、人脈の多さ
予想外の失敗やスランプなど
結果の良し悪しには多々要因はあり、人によって得意不得意がある
しかし全ての営業マンに共通して公平にもってる要因としては烈慣れ烈である
契約することに慣れているか
契約しないことに慣れてしまっているか
これは万人が共通してもっている感覚で、人によって優劣のある能力でわない

もちろん契約することに慣れるまではキツイかもしれない、が
一回、慣れて体で覚えればそんなに苦ではなくなる
現に、スポーツでもゲームでも出来るようになるまでは大変だが、できるようになると楽しい
それと同じだ裂