2008年12月28日

オープンハウス

omote.jpg
 (チラシおもて)
   

昨日と今日と
オープンハウスをした。
かなり気合の入ったチラシをつくったが
チラシを見て来場された方の人数は
   
なんと0人
  
デザインを
ウェブラインの阿部さんにお願いして

「家賃で持家」というゴロを専務が考え
自社自賛のチラシであった。
 

uraura.jpg
 (チラシうら)
この0人という結果を真摯に受け止め
次に繋げて行きたい。
秊輦秊輦秊輦秊

2008年12月21日

CEO

今日は親戚の賃貸の入居の斡旋をした。 親戚とは「おばあちゃんの弟の娘」である。 そのご主人がアメリカ人で 当然、その子供はハーフである。 その子と自分は同じ先祖を持ち 少なからず血は繋がっている。 不思議な気持ちになった。   今日はそのご主人に 「CEO(chief executive officer)」と「president」の違いについて教えてもらった。

どちらも「社長』という意味だが 感覚的には 「CEO」は会社の10年後など遠い将来を見据えながら会社運営する人で 「president」は日々の業務をこなして会社運営する人 という感じらしい。 今の自分は「president」の方である。 早く「CEO」的な社長になりたいと思った。

2008年12月19日

自分の役割

今日はあるお客様の新築一戸建ての引渡しを行った。
そこでたった1枚の書類がなくバタバタしてしまった。
結果的には無事に引渡しは終わったのだが反省がいくつかあった。
 
この引渡し最中に
他社の宣伝だが、あるフレーズが頭の中から離れなかった。 
  
「三井のリハウス」のテレビCMで
「自分の家を売ったり買ったりすることに慣れている人、なんていない。」
というフレーズである。
 
自分達の責任の大きさが非常に重く感じた。
お客様は慣れていないからこそ
自分達が不動産のプロとして
段取りよくお客様に不安なく、入居までお手伝いしなければならない。
(入居後もきちんと相談にのり、お客様と一生のお付き合いはしたい)
   
家を買った人が「いい家を買った」
 
と思ってもらえるには
物件の善し悪し以外に
  
自分達がどんなサービスをして
お客様に満足を与えられたか
といポイントも非常に大きいと思った。
 
1つ1つ反省を改善して前に進んで行こうと思った。

2008年12月11日

10円のチカラ

メガジャパンが
10円パーキング」を始めて
1ヶ月が過ぎた。
題して、「塵も積れば大作戦」
 
結果として
地代や管理運営費を引いて
少し、お釣がきた。
 
10円のチカラは凄い
  
不動産は何千万円という高額の商品を取扱うことがほとんどである。
そんな仕事をしていると、10円の大切さを直ぐに忘れてしまう。
10,000円以下は、四捨五入か切り捨てである。
 
そんな、10円でも
セッセと積み上げれば
1台あたり20,000円の売上になる。
 
この10円パーキングは
今後も増やして行きたい。