福岡市博多区諸岡で土地・建物を売却された大野様

一番良かったのは、初めに査定していただいた金額よりも高く売れたことですね。福岡市南区諸岡の土地・建物を売却された大野様

福岡市博多区諸岡のマンションの売却を大阪にお住まいされながら福岡の不動産売却専門店((株)不動産福岡)にお任せ頂いた大野様に、売却を決意されるまでの流れやエピソード、売却されるまでのご不安、売却を成功させる為のアドバイスなどお聞きしました。

ご所有の不動産(マンション)を売却した理由はなんですか?

Exif_JPEG_PICTURE大野様: もともと長く住むつもりで購入したマンションではあったのですが、仕事柄転勤が多く、今までもずっと3年周期で転勤、転勤で来ていました。今回の転勤に当たっても、家族みんなで一緒に引っ越したいということを最優先に考えることにしたんです。マンションは、初めはメガジャパン(旧社名)さんに仲介をお願いして賃貸に出していたんですよね。阿久津社長にも何度か相談もさせていただきながら、賃貸しつつ売却のタイミングをはかっていた部分もありました。最後の借り主さんが退去されたことを機に、思い切って売却する方向へ大きく考えが固まったんです。毎年の確定申告やマンションの管理費などの手間も、正直結構負担になってきていましたし(笑) 売ってマイナス収支にはならないのであれば、もう売ってもいいのかなと決心がつきました。

売却する前はどんなお悩みがありましたか?

大野様: 売却前は、自分では住めないマンションを持て余していたという状況でしたよね(笑) ですから、気分的に落ち着かなかったですね。不動産収入を得るために家を貸していたわけではなかったので、貸していることによって儲かるということもありませんでしたし。マンションを維持するための費用、貸していることによる手間を考えれば、収支はトントンというのが実感でした。「マイナスではないんだからよしとしなければいけないのかな」「愛着のあるマンションだし」という思いと、これからも転勤が続き、自分たちで住めないままにマンションは古くなっていくという厳然とした事実の間で揺れ動く自分が常にいました。心のどこかで、早く思い切りをつけて身軽になりたいという気持ちはあったと思います。

売却に出している時は、どんなご不安がありましたか?

大野様: 不安はなかったですよ。メガジャパン(旧社名)さんにはマンションを賃貸しているときからお世話になっていましたし、売却のタイミングについてご相談もしていましたから。一番初めは名前を聞いて「メガジャパン? 何かデカイぞ(笑)」とも思いましたが、大手とはまた違って何かこうこちらのふところに入り込んできてくださるような対応に、初めのころから好感を持っていました。賃貸を考え始めたときも一番最初に相談に乗ってくださったのがメガジャパンさんでしたし、ご縁だったと思っています。だから、売却もお任せして不安はありませんでした。

売却が決まった時はどんなお気持ちでしたか?

大野様: もっと時間がかかることも覚悟していたのですが、思いのほか早く売却が決まり、とにかくホッとしたのを覚えています。売却価格についても、適正だったと思います。一番良かったのは、初めに査定していただいた金額よりも高く売れたことですね。タイミングがよかったのだと言われました。本当ラッキーでしたね(笑)

不動産福岡(福岡の不動産売却専門店)のスタッフの対応はいかがでしたか?

大野様: 何しろマンションは福岡にあって、僕は大阪にいるでしょう。この距離感がもどかしいし、心配も膨らむわけですよね。そこを担当の高橋さんが実によくフォローしてくださいました。僕は自分の仕事で土日に出勤したり、逆に平日が休みのこともあるから自分のペースでやり取りさせてもらっていたんですが、あるとき「待てよ?」と気がついたんですね。「高橋さんは本当は火水は休みじゃないのかな?」と。「休みの日なのに嫌な素振りひとつ見せずにいつもきちんと対応してくれていたんだ!」と思うと、信頼感が増しました。僕も気を遣うところは僕なりに気を遣ってもいたつもりだし、お互いに対等というか身近な感じで一つ一つの物事を進めていけたので、本当にいいおつき合いをさせてもらったなと思っています。

福岡の不動産売却専門店について何かアドバイスやご意見を下さい。

大野様: イメージ的にね、地元の戸建てや土地に強くてがんがんやっていらっしゃるという感じがあるので、今回はマンションでしたからその点が若干不安でした。賃貸から入ったので、僕は気にならなかったわけですが。結果的には、賃貸から売却に移行してからも満足のいくようによくやってくださったので、「マンションだって任せてください」というイメージづくりにも、もっと力を入れたらいいんじゃないかなと思います。不動産に詳しくない僕たちみたいな一般のお客は、やっぱりイメージに左右される部分も大きいと思いますのでね(笑) あとは、これからますます大きくなっていかれても、地元に根づいた会社であってほしいと思います。

最後に所有されているマンションをこれから売却する方、特に「遠方の方」など、大野さんと同じような状況の方へアドバイスをお願いします。

大野様: 売却したい物件と自分が離れているのはやはり何かと不便で、時には不安も感じるものです。その不便と不安を解消するためには、心から信頼できる営業マンに当たることが一番だと思いますね。不動産の売買というのは人生の中でもそう何回もあることではないと思いますから、失敗なく終えるためにもやはり「信用第一」を基準に不動産屋さん選びをされるのがいいと思います。

interview25-1

WEBでの相談はコチラ