不動産売却で失敗しない会社選び

e82ae6c0569c182c8c3f962ff65fced3_m

不動産売却の仲介業者は依頼主が自由に選ぶことが出来ます。不動産の売却において回避したいことがあります。

販売価格が相場より安くて損をする

売り出し始めてもなかなか売れない

任せた仲介業者とのトラブル

これらを未然に防ぐために依頼する会社選びは慎重に行いましょう。では一体何を見ればいいのでしょうか?

会社の大小よりも会社の特徴

全国的に有名な大手企業には安心感があると思います。しかし、不動産というのは、地域に根差しているため、周辺地域の状況に合わせた販売活動が必要です。一概に会社の規模を見るのではなく、その会社のどんな特徴をどう活かして販売してくれるのかを見定めましょう。

査定額の根拠に納得できる

売却活動を依頼する前に査定を行います。この時、少しでも高い査定額を出してくれるのは頼もしいものです。しかし、高いからといってその金額で必ず売れるという確約はありません。本来の市場の相場より高額な査定額を出し、その金額で売り出した場合、以下のような流れが発生する危険性が高くなります。

・相場よりも高い金額で売り出す

・相場より高いため売れ残る

・期間が経ち、値段を下げましょうと仲介業者が言ってくる

・徐々に値段を下げていき相場相当になる

・値下がりグセのついた物件と思われるている

・相場よりも低い金額になったところで購入希望者が現れる

・時間も掛かり、金額的にも損をした取引となる

こうした流れを避けるために、査定額の根拠や販売プランなど細かく説明してくれる業者を選びましょう。この時、その物件を買う側の立場で話を聞くことがコツです。周辺の相場と比較して魅力的だな、妥当な買い物になりそうだな、と納得出来るかが重要です。

物件に最寄りの不動産会社

こまめに物件の管理が出来る事で、見栄えよく保全して販売活動が出来ることがメリットになります。また、検討されるお客様への現地案内も迅速です。周辺の相場も熟知しているため、依頼する物件のエリアが得意な業者は、心強い味方になります。

失敗したなと思ったら・・・

仲介業者を選ぶ自由だけではなく、依頼した仲介業者を依頼主が変更する自由もあります。既に販売活動をされている方で売り悩んでいることなど御座いましたら、まずは当社にご相談ください。より良い売却となるよう心から寄り添わせて頂きます。

 

WEBでの相談はコチラ