はじめて不動産を売る方へ

eafabdbc44d4cc462c7f782cfee1942d_m

不動産の売値は最終的に売主様が決めます

損しないで売却を成功するには比較することが何より大切です


2omoi_hhajimete_beginner01  

しかし、査定金額を比較するのではなく、不動産会社を比較することです。 最終的にお金を出すのは不動産会社ではなく一般の買主です。査定金額を算出する不動産会社はお金は払わない為、査定価格に関して責任はありません。 そのため、最後まできちんと売り切るかどうかという「責任感」が大切になってきます。 売却した実績や経験などの観点から、不動産会社を比較し、信頼できる不動産会社と2人3脚で売却活動を進めることが大切です。


2omoi_hhajimete_beginner02

皆さんは、病院に行くときは病気の症状をきちんと伝え、適切な処置をしてもらうと思います。そして信頼のある主治医をみつけ治療してもらう。 もちろん、その病院にあまり良い噂がなかったり、医者に信用がおけないと、治療はしないと思います。 不動産も同じです。信頼できる不動産屋をみつけ、きちんとご自身の考えを伝え、その考えに合った売り方をしてもうらうようにします。 売主である個人の方が、一般の方々へ直接、不動産屋を不特定多数の人に売る事は、法律(宅地建物取引業者)で禁止されていますが、不動産屋を選ぶ権利はあります。 しっかり信頼がある不動産屋を見つけ、2 人3脚で売却活動を進めることが成功させる鍵になります。 ちなみに欧米では不動産の資格は、医者、弁護士についで大型3大資格の1つです。 『人生を豊かに過ごすには3人の友人を持つこと』と、いうことわざがあり、一人は弁護士、もう一人は医者、もう一人は不動産業者の3人のことを言います。 日本の不動産屋のイメージは皆さん思っているとおり「暗い」「信用できない」「騙されそう」…など、あまり良いイメージはありません。 しっかりと信頼できる不動産屋を見けることが何よりも大切になります。


2omoi_hhajimete_beginner03

もう一つの比較することは、これからのお持ちの不動産の将来計画です。不動産を持っている以上、税金や維持費など経費が必要になってきます。 そこで「何もしない」も合わせて「賃貸にする」「売却する」それぞれを比較し、最良の選択をすることが大切です。

WEBでの相談はコチラ