不動産売却の流れ

bbd9f7652398d3ca0278f75d96668090_m

■はじめに

「不動産売却は仲介業者に依頼することが前提」

思い入れのある物件や、高額な取引を業者に任せっきりに手放して後悔したくないですよね。不動産の売却方法にはいくつか種類があり、どれも不動産会社が大きく関わっています。

しかし、多くの専門知識や正確な相場情報、取引事例、物件調査など個人で行うのは非常に困難です。間に仲介業者が入ることは、物件を買う側からとしても重要です。専門知識の無い個人の方と高額な物件の取引をしようとする人は稀です。また、個人間だけの取引では、必要な書類が揃えにくく住宅ローンの審査が承認される可能性が極端に下がります。売り主個人で売却を行うのは大きなデメリットを伴うのです。

ここでは、仲介業者に依頼した場合の取引について事前知識を高める意味でも簡単な流れを解説いたします。初めて不動産の売却をご検討されている方は、是非ご確認下さい。

 

■ざっくりとしたイメージを持つ

まずは自身で売却に向けてイメージを持つことが大事です

・なぜ売却する?

・いつごろまでに売りたい?

・いくらぐらいで売る?

特に条件がなくともイメージを持つことで、それが売却活動をする上での指針になります。最初は素人感覚でのイメージでも構いません。その後依頼する不動産会社と相談しながらより明確なものにしていくのです

■物件を査定する

当初イメージしていた金額規模と査定額を比較し修正しましょう

査定の流れについては当サイトの別記事でご確認ください

■売却活動を依頼する(媒介契約)

販売価格を確定し不動産業者へ物件の売却活動を依頼します

依頼するにあたっていくつかの決まり事があり、媒介契約という形で指定した業者に委任します

媒介契約は、3種類がありどの媒介契約かによって、その後の販売活動に大きく影響してきます。

■販売活動

業者が売り主に代わって動きます。

基本的に物件の売り出し情報は、ネット上の情報サイトに掲載され反響を得ていきます。媒介契約によっては、業者が様々な販売活動を行います。どんな販売活動を行っているのか定期的に確認をすると良いでしょう。

■条件交渉

買い主(またはその代行業者)から売り主の業者へ購入意思の連絡がきますが、の際に金額面や諸条件について交渉が発生する場合があります。依頼している業者と相談し、売却の条件を確定させましょう。

■重要事項説明

交渉内容が確定した後、不動産業者(宅地建物取引士)が買い主に対して物件の詳細情報を説明します。高額な取引となるため、あとからトラブルとならないよう事前に物件の懸念点などを売却を依頼している業者に開示しておきましょう。

■売買契約の締結

売り主と買い主の間で売買契約を結びます。

■物件の引き渡し

この時点で売買代金を受け取ることとなります。税務の申告など忘れずに行いましょう。

ここまでが不動産売却における一連の流れになります。

売却活動は様々な過程を要し、必要な書類も多数に及ぶため分からないことが出た場合すぐに聞けるように、依頼する業者とのコミュニケーションが重要になります。

WEBでの相談はコチラ