贈与税について

72a91fa2706044d99494c231d0679ec2_m

不動産を相続した際に、気になるのが相続税の納付額。一定の相続財産額を超えなければ課税されない為、100人中4人程度であると財務省も試算しています。これが、平成27年1月1日に相続税の税制が改定され、負担額が2倍近く引きあがったことで、100人中6人が関わってくるとされています。そこで、注目され出したのが贈与契約による生前贈与を活用した節税です。平成25年に贈与税率の緩和がなされましたが、本当にこの生前贈与で節税できるのでしょうか?

生前贈与とは

生きているうちに財産を贈与することを指しています。眠らせている財産を生きてる間に贈与することで有効活用することが出来るだけでなく、相続での争いを未然に防ぐ観点でも有用とされています。

一般贈与(暦年贈与)

贈与税の基礎控除、つまりあらかじめ設定されている「贈与をしても税金がかからない範囲」内で贈与を行うという方法です。贈与税の基礎控除は1年あたり110万円となっています。110万円を超える贈与額については、基礎控除額を差し引いた贈与額によってさらに税率と控除額がありますので下記表を参考にして下さい。また、贈与税率も相手によって税率が異なります。

親または祖父母から20歳以上の子または孫への贈与税率 

贈与額から110万円を引いた額税率控除額

200万円以下

10%なし
400万円以下15%10万円
600万円以下20%30万円
1000万円以下30%90万円
1500万円以下40%190万円
3000万円以下45%265万円
4500万円以下50%415万円
4500万円超え55%640万円

 

一般的な贈与税率 

贈与額から110万円引いた額税率控除額
200万円以下10%なし
400万円以下15%10万円
600万円以下20%25万円
1000万円以下30%65万円
1500万円以下40%125万円
3000万円以下45%175万円
4500万円以下50%250万円
4500万円超え55%400万円

 

 

節税は出来る!しかし・・・

仮に2500万円の不動産を売却し一般贈与の控除額内(110万円)で贈与を行った場合、単純計算で約23年間を要します。これであれば贈与税も相続税も負担することなく財産を移すことが出来ますが、相当な時間を要することが分かります。

暦年贈与


一般贈与において高額になるほど年数が必要になっていきます。更に社会通念では、節税ではなく財産を有効活用することで経済効果を良好にすることを目的としています。毎年一定額を贈与するなど明らかに節税のためと判断されるような贈与計画の場合、当初から総額分の贈与を行う意思があったとみなされ、総額に対して贈与税を課せられてしまう場合もあります。そうした場合、結果的に相続税よりも高額の負担となります。基礎控除の範囲内であっても、毎年一定額を贈与する「定期贈与」は避けたほうが無難といえるでしょう。

用途不明の不動産を所有の場合、その最適解は?

少子高齢化や核家族の背景が影響し、不動産を相続をしてもその土地に移り住むというケースが減少しています。こうした用途が不明な物件を所有されているのであれば、早期売却により現金化し長期的な贈与計画を立てることが出来たり、毎年の固定資産税も無くす事が出来るなど節税となります。まずは、用途不明の物件に対して

当社では、不動産売却に関わる税金面も考慮してご提案を行っております。ご不明な点などお気軽にご相談ください。

WEBでの相談はコチラ