2017年6月15日

石と価値

子供ってよく石を拾ってくる
自分も小さい頃、よく拾ってきたと思う
しかし石を拾ってくると、大概大人から捨てられる
ishiden.JPG
 
しかしお店ではダイヤモンドやオパールなどの石が
何百万円、何千万円、何億円もの金額で売られている
富裕層の大人は、宝石で着飾り、使わない時は大切に保管する。
 
同じ石なのにどうしてここまで違うのか?
 
 1つに希少価値の違いが考えられる
しかし価値とは、人が決めるものであり、人それぞれ違うのである
価値を認める人が多ければ多いほど金額としては比例するが
それはお金だけの話であって、価値観を否定する要因にはならない
その人によっては、世界にったた一つの希少価値の高い石なのである
 
経済的指標として、需要と供給から見ると、
需要が供給より大きくなると金額も高くなる。
当たり前のことだ!
しかし、お金で幸せを感じる人もいるだろうが
価値を認めてもらって幸せを感じる人もいる。
価値観は人それぞれであって、他の人の価値観を否定することはできない
 
自分たちは「家づくり」として価値を創り出す仕事をしている。
たくさんの人達の家をつくってきた。
家をつくるとき、まず最初に今住んでいる家にお邪魔し、押入れの中まで見させていただき
その家族の価値観をみつけ、新たな価値を創造し、さらなる価値を提案する。
そして世界にった1つの家をつくる。
 
子供が拾ってくる石を見ると
自分たちがつくる「家」と、なんとなく似ている感じがする。
 
 
 
 
sakuhin.jpg
この石は、自分が17歳の時にデンマークに留学していた時に拾った石だ。
石を木材と金属でアレンジして一つの作品にした。
当時、『ヤーナ』という美術の先生がこの石を認めてくれて
美術の授業の時間は何でも好きなものを作らせてもらった。
デンマーク語で言葉も分からなかったが、
この石の価値をヤーナが認めてくれたお陰で、ヤーナのことがすごく好きで、
ものづくりの楽しさを学ぶ事が出来た。
当時、自分は反抗期な時期でもあり、多くの先生から反感を買い
授業もさぼったりしてあまり良くない生徒だったが、美術の授業だけはいつも待ち遠しく楽しかった。
「価値観を認める」ってやっぱり大切だ!

2017年2月17日

5Wの順番

先日、
改めて考えたことがある
 
『5W』の重要度の高い順番だ
起業したては次の順に大切だと思っていた
 
<8年前>
1位:What
2位:When
3位:Who
4位:Where
5位:Why
 
当時は、
何をするか?
何を売るか?
と、何を何をと
物理的な要素を1番に求めていた
しかし、今は、かなり順位が変わっていた。
 
<今>
1位:Why
2位:Who
3位:When
4位:What
5位:Where
 
とにかく今は
「Why」が一番重要だと考える。
「Why」は重要というのは
他の全ての4Wにかかってくるからである
なぜ、その人とチームをつくるのか?
なぜ、そのタイミングなのか?
なぜ、それを売るのか?
なぜ、そこなのか?
と、全ての物事に対して深層的な理由を大切にしている。
もちろん、スピードが求められる現代
なぜなぜと考えて遅くなっては意味はないが
「おっ!」をつくるには、理由が大切である。
 
「Who」も大切であると最近つくづく感じる。
なんの為に起業したかを考えると
もちろん
「おっ!」をつくるためであるが
この「おっ!」の出発点は全て人から始まる。
また、建築の世界での職人さんは
お金で動くというより
「誰が言っているから」
「誰の為に一肌脱ごうか」
と人で動く方が多い。
さらに
「誰と働くのか?」
「誰とチームを組むのか?」は
幸せに仕事をする上では非常に重要である。
起きている時間の半分は仕事をしている訳であり
その仕事の時間が嫌々だったりつまらなかったら
人生の半分は損していることになる。
 

2016年12月26日

「おっ!」をつくりたい仲間を募集

 
『なんの為に仕事をするのか?』
 
『「おっ!」をつくるため』に仕事をしている。
 
結局のところ自分は、「なぜ?」「なぜ?」と追及していくと
最後に「おっ!」にたどり着く。
 
もちろん「幸せになるため」という考えもあるが
自分は、キリスト、ブッタ、アラー、孔子みたいに偉大で崇高な人間でもなく
ごくごく一般的な、公務員家庭に育った人間である。
また、ミッキーマウスのように可愛い顔もしていないので
ハピネスを提供できるビジュアルもない。
さらに、「幸せ」といっても、概念が広すぎて
時間的広がり、空間的広がり、コミュニティーの広がりなどを考えると収拾がつかなくなる。
 
そこで、自分は「幸せ」を形成する一つの価値観として
「おっ!」の部分に着目し、「おっ!」集中することに決めたのだ。
「おっ!」に関しては、世界中で誰よりも考えている自信がある。
たぶん、2016年は「おっ!」という言葉を発した回数は
ウチのチームが世界で1番多いと自負している。
 
「おっ!」をつくるという理念を掲げて
もうすぐ5年が経つが、
今では、
「おっ!」をつくりたいメンバーが集まり
みんな
「おっ!」をつくるために夢中である。
 
1人でつくる「おっ!」よりも
たくさんの人で「おっ!」をつくった方が
より多くの人々に100年先まで「おっ!」を届けることができる。
 
そこで今回、2017年を迎えるにあたって
「おっ!」を本気でつくりたい仲間を募集することにする。
是非、「我こそは誰よりも世の中に「おっ!」を届けたい」と思う方は、チームに参加してほしい。
 
 

2016年12月23日

「おっ!」をつくるための11の価値観=イレブンバリュー(11values)

 
「おっ!」をつくる
という理念を掲げて、もうすぐ5年が経つ。
今では
「おっ!」をつくりたい仲間と一緒に働くことができ
趣味が仕事だと断言できるくらい楽しい経営者生活をおくっている。
 
 
「おっ!」をつくる
は確固たる信念のもと掲げた理念であり
まったくもってブレることは無い!
しかし、
「よくわからない」と言われることもしばしばある。
そんな時、
「これは価値観だから、わからない人とは価値観が合わない」
と突っぱねてきた。
しかししかし
心が弱くなったり、売上の事で悩んだりすると
「やっぱり理念経営なんて理想であって、「おっ!」なんて二の次ではないか・・・」
と正直思ってしまうこともあった。
 
そんな時
尊敬するある経営者の方から
「Zappos」というアメリカの会社を教えてもらった。
Zapposには
『10のコアバリュー』という理念のような価値基準があり
その中の最初の1つめに
「Deliver WOW Through Service」
というものがある。
驚嘆を届けるという意味であり
常に社内では【WOW】が1つの基準になり
顧客へのサービスや社内の仕組みづくりをしている。
そして、ザッポスは靴のオンラインショップとして
設立10年足らずにして、年商10億ドル(1200億円)を突破したのである。
 
 
この「WOW」の感覚って「おっ!」の感覚に凄く似ている。
「おっ!」の理念を考えてから5年経つ中で、
同じ価値観をもった会社と出会うことはなかったが
世界を見れば、やっぱり同じ価値観をもった会社があり
しかも、規模では自分たちより何千倍も大きい会社である
 
自分たちも本気で「おっ!」を追求していけば
Zapposの様な会社になれるのではないかと感じた。
今まで、「売上」のための「理念」になってしまっていたが
これからは、「理念」のための「売上」という考え方を追求しようと思った。
とにかく「おっ!」に集中しようと決めることができた。
 
 
そこで、早速
Zapposが10のコアバリューをつくったときのやり方を参考にして
全社員に
「おっ!」とは何なのか?
というアンケートをとり
おっ!をつくるための11の価値観=イレブンバリュー(11values)
という価値基準を作成した。
みんなの考えを足したり引いたり掛けたり割ったりしてようやく11つにまとめた。
そして、このアンケートで
一番自分が「おっ!」だったのは
全員「相手」を主体として考えていることだった。
 
 
 

「おっ!」をつくる11の価値観(イレブンバリュー)

1.相手の喜び自分の喜びと感じる

2.自分たちもチームとして楽しむ

3.「なんで?」をとことん追求する

4.シンプルな思考迅速な行動を強みとする

5.オープンなコミュニケーションを大切にする

6.「変わってるね」は褒め言葉として歓迎する

7.いつも注目されている意識を持つ

8.心揺さぶる体験を創造する

9.失敗は成長の糧であり、挑戦している証と心得る

10.「おもてなし」の文化に誇りをもつ

11.ありったけの「ありがとう」を伝える

 
 
 
 
自分たちは今後
「おっ!」をつくる
という理念のもと
イレブンバリューの価値基準に沿って行動することにより
会社が成長し、今まで誰もつくったことがない
とびきり驚嘆する会社をつくっていきたい
 
 
▼お客様と「おっ!」を共有するカード
oocuss2.jpgのサムネイル画像
 
▼チーム内で「おっ!」を共有するカード
oosyas2.jpgのサムネイル画像
 
▼会社と「おっ!」を共有するカード
oo5st2.jpgのサムネイル画像
 

2016年11月12日

負けてない

lini.jpg
  ↑2.1億人

miii.jpg
  ↑0.05億人


kaki.jpg
  ↑0.5億人


mssi.jpg
  ↑8億人


snoi.jpg
  ↑0.8億人


weci.jpg
  ↑6.5億人


whai.jpg
  ↑9億人


wowi.jpg

  ↑18人

 形は負けてない・・・


 

「形」だけは負けていない…
 
Line:2.1億人
Mixi:0.05億人
KakaoTalk:0.5億人
Messenger:8億人
Snow:0.8億人
Wechat:6.5億人
WhatsApp:9億人
Our team:18人+賛同者
 
------------------------------------------
 
Line: 210 million people
Mixi: 5 million people
KakaoTalk: 50 million people
Messenger:800 million people
Snow: 80 million people
Wechat: 650 million people
WhatsApp: 900 million people
Our team: 18 members with some assenters
 
But, We do not lose about the logotype.

2016年10月 7日

"残す"という価値観

今日はサンフランシスコから
Btraxのブランドン氏が福岡に来られるとのことで
一緒に鯖ランチをしてCoffeeを飲んだ。
IMG_1321.JPG

ほとんど自分からの悩み相談になってしまい
たくさんのことを教しえてもらった。

その中で衝撃だったことは“残す”という価値観だった。

インターネットの世界が進む中で
デジタルなものはボタン1つで消えることもあるが
フィジカルなものは残る。
どんなにお金を残しても死んだら終わりだが
いい家など、自分たちが死んでも残り続ける。

世界の中で200年以上存続し続けている企業数の中で56%が日本の企業だという。

今日は、”残す”という価値観が、自分の中で新たに芽生えた日であり
「家づくり」に対する誇りを再度、取り戻した感じだった。

2016年10月 1日

二重の虹(Double Rainbow)ダブルレインボー

ダブルレインボー発見!
We can find the Double Rainbow.

drebbb.jpg

ダブルレインボーには『卒業』と『祝福』という意味が込められているらしい
 
『卒業』
今まで頑張ってきたことが節目として終わりに近づいていることで
これまで苦しい事や頑張ったことに『お疲れ!よくがんばった』というメッセージらしい
『祝福』
これから幸せなことがやってくるよ
未来に悩んでいる人に『信じる道を進んでいけば、世界は開ける』というメッセージらしい
 
ハワイでは
『ダブルレインボーは願いを叶えてくれる』
『ダブルレインボーを見ると再びハワイに戻って来れる』
という幸福のサインとして有名らしい
 
とにかく、なんか嬉しい!
 
 
 
 
 

2016年9月 7日

人生で一番悲しいお葬式

私の仕事仲間である先輩が、44歳という若さで亡くなった。
今日のお葬式は、今まで参加したお葬式の中で一番悲しみを感じた。
 
お母さんが、故人との別れ時の悲痛の言葉が今でも残っている。
 
人生の儚さを感じる一方
「自分はなぜ生まれたのか?」
「何のために生きるのか?」
と、再度考えさせられた。
やはり、生きさせてもらっているぶん
精一杯、生きなければと思う。

2016年8月 8日

デザインは「結果」ではなく「プロセス」のこと

先日、シリコンバレーに行ってから
「デザイン」に関して、悩んでいたが
ようやく1つの答えがでた。

それは

デザインは「結果」ではなく「プロセス」のこと

ということである。
シリコンバレーにあるBtraxのBrandon氏から
・DESIGNとdesignの違い
・デザインとアートの違い
など、デザインについて教えてもらい
自分の中でデザインに対する概念が変わった。
ユーザーから考えて、どのように表現するのか?
ユーザーエクスペリエンスの大切さを教えて頂いた。


今まで、デザインについての視点として
単に「カッコイイ」「カッコワルイ」という
表面的なことしか見ていなかった。

しかし、大切なことは
なんで、その形なのか?
なんで、その色なのか?
など、そこに至るまでの経緯であり、
根本の原因から始まることである。
結果的に、「なんで」から生まれた表現が
目に見えたよいデザインンなんだと思う。


だから、よく
「ストーリーづくり」が大切というが
これも、やはりデザインなのだと思う。
それまでの表現に至った経緯が大切で
そこから生まれたデザインだからこそ
「目」の奥の「心」まで届くのである。

このことを家づくりに置き換えると
家という1つの空間をつくるときに
完成した建物自体もさることながら
そこまで至った、過程こそが本当のデザインなのである。
設計士がどうやってお客様の期待に応えたプランを設計するか?
職人が、どれほどのこだわりをもって施工するか?
営業がお客様をプロデュースするか?
その行為そのものがデザインである。
また、完成してから、その空間でその家族がどうやって時を重ねるのか?
これもデザインである。

家づくりってこう考えると
デザインの連続であり、
人に対して長期間デザインできる仕事も、他にあまりない。
 

人って目で見えることしか信じられないようで
実際は、心で見えないと根本的に信じられないようにできているのかもしれない

 

2016年7月 1日

梅干し&梅酒づくり<マクロビ住宅で合宿>

今期のテーマの1つに『体験』を掲げているため
梅体験をしてきました。


2016年6月22日
大雨の中、梅ちぎりに行ってきました。

▼場所は大分県日野田市の「黒川金右衛門マル金ファーム
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック梅づくり1


▼一緒に行ったキャップ!半ば無理やり連れて行きました
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック梅づくり2

▼いろいろ親切にしてくれてありがとうございます。
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック梅づくり3

▼紫蘇も無農薬!
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック梅づくり4

▼この手間が大事です。
家づくりも梅干しづくりも、完成品の大切ですが、それまでの過程がすごく大切だと最近つくづく感じます。
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック梅づくり5

▼そして、塩!
原材料は海水!長崎県の五島灘産の海水
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック梅づくり6

▼そして、これが必死な思いで採ってきた南高梅!大粒で香りが最高!
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック住宅で合宿2

▼まずは梅を仕分け。梅干し用と梅酒用に選別!
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック住宅で合宿3

▼そして、洗って、ヘタを取って、準備完了!
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック住宅で合宿4

▼梅干し班と梅酒班に分かれます
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック住宅で合宿5

▼梅酒の角砂糖も無添加のこだわりの一品!
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック住宅で合宿6

▼梅酒1つめは、福岡県産の麦焼酎35度でつくります
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック住宅で合宿7

▼梅酒2つめは、新潟県産の日本酒21度でつくります
そして、3つめはブランデーでつくります。
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック住宅で合宿8

▼こっちは梅干し班、去年、梅干しをつくったときの梅酢を入れて、梅酢上げを早くします。
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック住宅で合宿9

これで、作業はひとまず完了!
梅酒は半年から1年たったら、みんなで飲み比べ!
梅干しは、梅雨明けにまたみんなで土用干しをします
楽しみだな~



▼ちなみに、この日の合宿は
自然食の先生をよんで、マクロビな夕食でした♪
福岡工務店&不動産福岡でマクロビオティック住宅で合宿1

Archives